• 株式会社 J・wood

発想力と発言力

ご無沙汰してしまいました。


オリンピック関連での影響や、お盆休み前で、業務がバタついておりました。

お盆の連休も明け、今週の月曜日から元気に営業しております。


9月末竣工の現場が多いため、もう少しバタバタが続きそうです。




今日は思いがけない、発想や発言の話です。


先日、仕事帰りに子供を保育園に迎えに行き、

保育園からの帰り道、手をつなぎながらこんな会話をしました。



子供が沢山履いて、履き口が伸びている靴下履いてて


「この靴下緩いんだよね~」


っていうので


「伸びちゃってるよね。もう捨てちゃえば?」


って、私が言ったら


「なんでそんなこと言うのよ!気に入ってるのに。。。」


って言われて


「じゃあ、ママは何て言えばよかった?」


って聞いたら


「脚が細くなったんだね!って言って」


って(笑)


子供は6歳なのですが、

彼女にはハッとさせられることが多いです。


そんな切り返し方があるのね!

そんな発想があるのね!


って驚くことが沢山あります。


今回の件も、私には”捨てる”という考えしかなかったです。


でも、お気に入りの靴下を捨てたくない。

まだ履き続けたいという気持ちの彼女。


”脚が細くなっちゃったから緩くなった”

だけだから、まだ履き続けられる。

ということでしょうか?(笑)


「脚が細くなったんだね!」だと

誰も傷つけない発言だなーと思いました。



頭が固くなってきているのか、長年の経験のせいなのか

固定概念があったり、物事に対して柔軟な考え方や、発想力が

やはり6歳の子とは違うな~と日々考えさせられます。



社会に出てるうえで、人との関わりや仕事に対する姿勢。

その中での発言は注意が必要なこともあると思うし、

当社ですと、キッチンや家具などを作っている会社なので

新商品を生み出すための新しい発想もとても重要です。


今までの自分にはない、発想力や発言力を養っていきたいなと思えた

6歳の子供との出来事でした。





最新記事

すべて表示

先日、Japan Home&Building Showに行ってきました。 建材や部材、インテリアなど建築に関わるすべてのものを対象の展示会です。 いつも社内で事務仕事ばかりの私なので、 滅多にない外出を楽しみつつ、 普段触れないような技術や芸術、建築に関わる新しい製品や材料など。 沢山のものを見たり、お話を伺ったり、大変勉強になりましたし 自分の中の知識も増えたような気がしています。 今回の展示会